2009.03 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » 2009.05

4月1ウェンディーから
今日は4月1日、エイプリルフールと言う「嘘をつく」日です。今朝、授業が始まる前にみんなでローラ先生をドッキリさせようという話になって、どんなことをやるのかをずっと考えていました。いろんな提案が出ました:

ローラ先生が来る時間になったら誰も教室に居ない
日本に帰りたいと一人が泣き出して、そして全員が急に泣き出す
ホームステイ先でのトイレを壊したという嘘をつく
私が咳をするという合図でみんなが爆笑する
私が咳をするとみんなも咳をする??
など、など。

結局、ローラ先生が教室に入って挨拶をしたら全員がすぐ立って、外に走り出すことに決まりました。実際やってみると何故か男子二人だけが座ったまま….(計画している時はやる気あったのに…)。ローラ先生は私を見て、「みんな何やってるの?」と聞いてきましたが知らないふりをしました。女子が戻って来ると「今日はエイプリルフールの日だよ!」と笑っていました。

今日もホームステイの様子を聞きました。

あやかちゃん:夕べのご飯は家族みんなバラバラで食べました。あんまりお腹が空いていなかったのでフルーツだけを食べました。

かいと君:ホストブラザー(4歳の子)とあんまり仲良く遊べていないそうです。また折り紙を折ったり、一人で遊んでいました。昨日教えた「一人になりたい」を使ったら少しの間は一人にさせたけど、10分後にまた戻ってきました。

いずみちゃん:ホストファミリーのおばあさんの誕生日だったので、バーベキューをしました。おいしかった?と聞いたら「焦げが多かった」と答えました。

かほちゃん:ソーセージとジャガイモを食べておいしかったです。かほちゃんは単語の勉強などを良く頑張ってくれているので授業中はいつも積極的に答えてくれています。本当に毎日楽しそうです。

こうき君:ホストブラザーがゲームをやっているのをずっと見ていました。少し暇そうな感じでした。ご飯は問題なかったと言っていました。

なりみちゃん:みんなでバーベキューをしました。肉は焼いたけど、野菜は焼かないで、そのまま食べていました。放課後、ホストシスターのジェシカーとけいとちゃんと一緒に買い物をする約束をしていたので、二人はそれをとても楽しみにしていました。

けいとちゃん:キャベツ、カレー、ライスを食べました。ホストマザーがお米に多めのお水を入れて炊いたので、ご飯がいつもより柔らかくて食べやすかったと言っていました。

さつきちゃん:日本の国旗を見たら日本の事を思い出してホームシックになりました。ホストファミリーに心配かけたくないから泣くのを我慢したと言ってましたけど、我慢しなくていいと教えました。ストレスになるので我慢するより泣いてスッキリした方がいいかもしれません。
†2009/04/02 14:42 †
| ASATツアー2009 | コメント(-) | トラックバック(-) |
4月1日Lauraから
あれがエープリルフールのジョークだったのか、まったくわかりませんでした(ウェンディーのブログを参照)。2番の提案がよかった<日本に帰りたいと一人が泣き出して、そして全員が急に泣き出す。>と思います。もしそのことを言われたら、最初はショックだけど、エープリルフールの冗談だとわかったら、めちゃくちゃ笑えました。いい考えでした。

ウェンディーに子供たちの様子を聞いてもらいました。あやかちゃんの食事のこととかいと君のホストブラザーのことをフォローします。

きのう、長期間留学している元EFLの生徒さん、鈴木えりかちゃんに学校にきてもらって、子どもたちにオーストラリアのことを話してくれました。えりかちゃんは、私の長女の親友でもあり、小学校2年生からのお付き合いです。えりかちゃんのお父さんとお母さんは惣菜屋さんをやっていて、毎年のサマーキャンプに好評のカレーを作ってもらっています。えりかちゃんが中学生になる前の春休みに、私、長女(るみ)と三女(めい)と一緒にオーストラリアに2〜3週間旅行にきました。英語を勉強したことがなかったので、旅行の3ヶ月前(小6の時)からEFLに通い始めました。

2年後に第一ASATツアーに参加しましたが、一度オーストラリアにきたことがあったので、ホームシックにならず、思いっきり楽しめました。帰りの飛行機に「またきたい。今度はもっと長くいたい。」と言ったのを覚えていますが、その時の気分かと思いました。でも、本気だったみたいで、1年後(2007年4月)にオーストラリアに留学生としてきました。

EQI(クィーンズランド州の文部省)の学校に入学したので、私が彼女のEQIエージェントになりました。最初のホームステイは悪くはありませんが、区切りのいい時に変えたいなと思いました。次の年の1月(学年の初め)に第2のホームステイに移動しましたが、このホームステイは、まったく良くなかったです。EQIと学校との闘いが始まり、ようやく半年後に学校とホームステイを変えてもらいました。9ヶ月間経った今は、学校の生活もホームステイの生活も「めちゃくちゃうまくいっています」。

最初は1年間の留学の予定でしたが、去年から日本に帰りたくないとえりかちゃんが言いだしたので、オーストラリアの大学を卒業するまで留学することになりました。今は高2年生ですが、本来新高3年生です。英語の能力が低かったので、学年をひとつ落としてもらいました(英会話を始めたのは小6で、かなり遅かったからです)。

えりかちゃんが、日本とオーストラリアの違い、留学した理由、英語でコミュニケーションを取る方法などについて面白く話してくれましたので、小学生でもよく注意して聞いてくれました。

夕方にあやかちゃんのホームステイから電話があって、日曜日から少しずつ泣くようになったと言いました。学校での顔の表情はとてもよいですし、月曜日ホームステイ訪問をしていた時に楽しそうにしていましたので、とてもびっくりしました。何かをしている時には問題はないですが、静かになった時に淋しくなって泣きだすと教えてくれました。なるべく一人にさせないで、たくさんのアクティビティーを用意して、対応していると言いました。

あやかちゃんに電話を代わってもらって、状況を説明してもらいました。ホストファミリーが心配している病気などがないですが、車酔いが激しいと言いました。日本で酔った場合は、窓を開けてもらいますが、ホストファミリーの車の窓が開かないそうです。ホストファザーに確認したところ、後ろの窓は小さいのしかないと言いました。前の窓を開けてもらって、後ろに風がいくようにお願いしました(エアーバッグがついている車の場合は、10歳未満児が前の席に座ってはいけないことになっています)。

あやかちゃんがホストファミリーもホームステイの環境もとてもよいので、問題はホームシックだけだと言いました。4つのことをアドバイスしました。
1.日本や家族のことを考えないこと。
2.泣きたくなったら、顔を洗う。
3.泣いている時に鏡に映っている自分の顔を見ること。自然と泣けなくなるからです。
4.淋しくなったら、行動を起こすこと。例えば、犬と遊んだり、ホストシスターとトランプをやったり、勉強、家事など。

オーストラリアを出るまでは、後3日間半しか残っていませんが、10歳のお子様にとっては長く感じます。3日間半を水曜日の夜、木・金・土曜日の朝、午後と夜に細かく頭の中で区切って、後3日間半ではなくて、とりあえず今晩だけ頑張ってねとアドバイスしました。学校の時はまったくホームシックじゃないので、「放課後、夜と土曜日だけ頑張ればいいね」と言ったら、わかってくれました。最後に、淋しくなって耐えられない場合は、私にすぐ電話してねとお願いしました。何度も子供たちに言っていることですが。。。

まったくホームシックじゃないお子様(かほちゃん、なりみちゃん、けいとちゃん)、最初はホームシックだったけど立ち直ったお子様(かいと君)、少しはホームシックだけど何とかなっているお子様(こうき君、いずみちゃん)、最初は問題なかったのに日にちが経つとホームシックになったお子様(あやかちゃん)とかなりホームシックだけど対応できているお子様(さつきちゃん)がいて、お子様それぞれのパターンとホームシックの度数が違います。私とウェンディーが毎日こまめに子供たちに状況を確認したり、必要な時にホストファミリーと連絡を撮っています。

日本へ戻った時に複雑な気持ちがあるお子様もいると思いますが、経験から言いますと、年月が経つと、淋しかったという思いでが色褪せて、楽しかった!と言うようになります。小さいお子様が2週間弱ご両親から離れて、文化も言葉も違う国で、知らない人のうちに泊まるなんて大したことだと思います。どんなお子様も自立心が育ち、強くなります。また、英語の勉強や力試しができて、英語を習っている意味が実感できると思います。
†2009/04/02 14:30 †
| ASATツアー2009 | コメント(-) | トラックバック(-) |
| ホーム|