2017.03 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » 2017.05

3月31日ウェンディーから
私は子供たちと同じようにブリスベンにホームステイをしています。ホームステイマザーとファザーにはお子さんが二人いますが、独立して一緒に住んでいないため、留学生たちを良く受け入れているそうです。現在オーストリアから来た16歳の男の子と中国から来た17歳の女の子がいます。国、母国語が違うのに4人がおそらく実の家族と変わらないくらい仲がいい!

何年か前の話ですが、私が初めて日本に行った時もホームステイでした。半年間、京都で日本語の勉強をするために行きました。今回のツアーに来ている子供たちよりもっと年上だったのにも関わらず、私は今の子供たちより3倍くらい緊張していたと思います。

当初は日本語の能力が足りず、コミュニケーションを取るのに一苦労しました。言いたい事がうまく伝わらないと落ち込んでしまって、ホームシックにもかかっていました。それに、日本語を話すときに間違いをするのが恥ずかしくて、上達があんまり早くない方でした。今回のグループの中でそういう子供たちがいないと思います。当時の私はとにかく笑われるのが凄く嫌だったのです。

しかし日が経つにつれて大事なことがわかりました:日本語をどんなに勉強しても完璧にマスターするのが不可能だということでした。日本人でも知らない日本語が沢山ありますし、当然私とローラ先生も、知らない英語が沢山あります。 恥ずかしいことではないし、間違いをしないと上手になりません。大事なのは諦めないことです!!
†2009/04/01 08:17 †
| ASATツアー2009 | コメント(-) | トラックバック(-) |
3月31日
きのうのホームステイの様子を聞きました。食事については特に突っ込んで聞きました。

けいとちゃん〜晩御飯にラザニャが出ましたが、あまり好きではありませんでした。同じホームステイに泊まっている韓国人のお姉ちゃんから韓国製の海苔をたくさん食べさせてもらいました。

なりみちゃん〜問題はありません。ホームステイバデイのジェシカちゃんに日本語を教えることを楽しんでいます。夕べのごはんはミートボールとチャーハンでおいしかったです。

いずみちゃん〜ホストシスターとウノで遊びました。ラーメンなどの日本食を食べています。日本のコメが食べたいです。

あやかちゃん〜新しく蚊に刺されましたので、ウェンディーがホストマザーへ手紙を書いて、塗り薬を持たすようにお願いしました。きのうはランチを持ってくるのを忘れましたので、晩御飯はたくさん食べました。月曜日は、遠足のために、おやつは必要なかったですが、昼ごはんを持ってくるはずでした(ホストマザーはおやつを持たせて、ランチを作りませんでした)。遠足の時に気づいて、ランチを買ってあげるよと言いましたが、ショッピングセンターでおやつを食べたし、ホームステイからもらったおやつ(果物)などもありますので、十分だと言いました。でも、やはり買ってあげればよかったですね。すみません。

かほちゃん〜Wiiで遊んで、晩御飯にピザを食べました。乾燥の梅干しは3つしか残っていません。

かいと君〜一人で折り紙を折ったり、トランポリンで遊びました。ホストブラザー2人がうるさくて、遊びたくないからと言っていました。ウェンディーに「一人でいたい」をどう英語でいえばいいか聞きました。明日、この件についてかいと君にフォローします。ちょっと疲れたかな?

こうき君〜ホストブラザーがテレビゲームをやっているのを見ました。前ほどホームシックはないと言いました。ショッピングセンターでチョコを買いましたが、日本でも買えるものなので、もっとお土産を買いたいと言いました。(こうき君のお父さんへ:ティムタムボールはもう作っていないようです。。。オーストラリア人には人気がなかったようです。ティムタムは長四角いクッキーじゃなきゃ許さない!ハハ!残念でした。私も食べたかったです。似たようなもののMaltezersをこうき君に勧めましたが、買わなかったみたです。)

さつきちゃん〜ホストブラザーのダニエル君とのコミュニケーションが前よりもよくなりました。家族全員に鶴の折り方を教えましたが、みんな苦労しました。夕べの晩御飯はハンバーガーでおいしかったです。でも、自分のお母さんの料理が食べたいです。

英語のレッスンの時にお願いの言葉を練習しました。小学生4人に3つの言い方(1〜3)、中学生に5つの言い方を教えました。
1. Come here.
2. Please come here.
3. Could/can you please come here?
4. Would/will you please come here?
5. Would you mind coming here, please?

1.こちらへ来い(来なさい)!
命令で目上が目下の人に使う表現。使い方に注意する必要がある。
2.こちらへ来て!
それほど丁寧ではない、ちょっときつい言い方。
3.こちらへ来てもらえますか。
丁寧すぎもなく、失礼でもない、無難な言い方。
4.上の3)とまったく同じ意味や丁寧さのレベル。但し、イライラしている時にも使える表現です(声のトーンや顔の表情で相手の気持ちを判断できると説明しました)。
5.こちらへ来ていただけませんか。

小学生の子供たちが3番をウェンディーと練習しました。中学生の子供たちは私と3番と5番の文章をスムーズに言えるまで練習しました。

いずれの質問も、応えはOK、AlrightかSureで素早く(体で反応をする前に)答える練習もしました。

最後の30分はオーストラリアの歌(Waltzing Matilda)を練習しました。国歌ではありませんが、オーストラリア人に愛されている曲で、国歌よりもよく知られています。20年前まではオーストラリアではイギリスの国歌を使っていました。私以上の年齢の人はオーストラリアの国歌をあまり知りません。私だって「Australians all let us rejoice...ナーナーナー」と歌います。恥ずかしい!:−)Waltzing Matildaは昔からある歌で、スポーツなどの試合で国歌ではなくてこれを歌います。

子供たちに、歌の話を説明し、独特なオーストラリア語の言葉も教えました。

用語:
Swagman〜昔オーストラリアにいた、オーストラリア中を歩き回る男の人のこと。牧場で仕事を見つけたら、数ヶ月間そこで働きますが、次の牧場まで歩くのに数ヶ月間かかります(オーストラリアに北海道よりも大きい牧場があります)。その間は、動物を狩って食べました。荷物をすべて毛布に包んで、ひもで縛りました。それをswagと言います。背中に背負って、オーストラリア中を歩き回りましたので、swagmanと言われました。
Billabong〜池
Coolibah Tree〜オーストラリアのネーティヴツリー。
Billy〜やかん(焚き火で沸かします)
Jumbuck〜羊
Tucker bag〜食事を入れる袋。Swagmanは茶葉、イースト、小麦粉を袋に入れて持ち歩きました。イーストと小麦粉でパンを作って、焚き火に焼きました。
Squatter〜大規模の牧場の持ち主
Troopers〜馬に乗る警察
上の単語はtucker以外にもう使われていません。Tuckerは食事という意味で、田舎の人はWhat's for tucker(食事は何?)などを話します。

話:
Swagmanは自分のswagにMatildaというあだ名をなぜかつけました(このことを今日ウェンディーに教えてもらいました〜笑!実は、Waltzing Matildaは今日まで意味がわかりませんでした。ハハ!ウェンディーはインターネットで調べたようです。)Swagmanはbillabongの横のcoolibah treeの下でbillyで紅茶を作りながら、swagに歌を歌いました。「You'll come a waltzing Matilda with me!」(僕と一緒に歩きまわりますよ。)*ずっと一人なので、ちょっと頭がおかしくなったかもしれませんね。

Billabongで水を飲むためにjumbuckがやってきました。Swagmanがjumbuckを捕まえて、tucker bagに入れました。Squatterと3人のtroopersがきて、「そのjumbuckは誰の羊」か聞きました。(恐らくswagmanが知らずに、牧場でキャンピングをしていたと思います。大規模の牧場は塀がありません。羊は野生のものではなくて、牧場の羊だった。。。と私が解釈しています。)Jumbuckを盗んだとしたら、逮捕されるとわかったswagmanがbillabongに身を投げて自殺しました。今でもそのbillabongの中からswagmanの歌が聞こえる(you'll come a waltzing Matilda with me)という話です。

「暗い!」と言われました。確かそうかもしれませんが、歌のメロディーはそうではありません。曲が長くて、歌詞も難しくて、今日から練習し始めたばかりなので、金曜日のお別れ会までにどこまで歌えるようになれるのかわかりませんが、がんばります。CDを買いましたので、ほしい方はCDを用意すれば、ダビングします(シ〜!内緒!)

†2009/04/01 08:13 †
| ASATツアー2009 | コメント(-) | トラックバック(-) |
3月30日ウェンディーから
ASATのツアーエスコート(ローラ先生のアシスタント)ウェンディー(アメリカ人)です。

千歳空港で子供たちのお父さん、お母さんたち、何人かとちらっと話しましたが、手続き、説明、色々あったのであんまりゆっくり話ができませんでした。このブログを通して、私から見たオーストラリアについて書いてみたいと思います。

私は今回オーストラリアが初めてです。 同じ英語圏だからアメリカと似ている所も多いだろうと思いましたが、意外と違いも多くてビックリすることがあります。

例えば、晩ご飯を食べた後、初めて耳にする言葉が会話に出てきました:”rock melon” 日本語で言うと「メロン」、アメリカン英語で言うと”cantaloupe” 同じ英語なのに….単語が全く違うわけです。忘れないようにその日に覚えたオーストラリア英語を毎日メモることにしています。(私も英語勉強中ですか?!)

その他に覚えた単語:
(左がアメリカン英語で右がオージー英語。)

eraser = rubber(消しゴム)
dinner = tea(晩飯)
faucet = tap(蛇口
sofa = couch(ソファ)
living room = lounge room(リビングルーム)
swimsuit = togs (水着:クイーンズランドのみ)
comforter = doona(掛け布団)
gas = petrol(ガソリン)
candy = lolly(飴)

もう一つ驚いたのが、お店の中で裸足で歩いている人がたまにいることです。ブリズベンが亜熱帯気候で外で裸足でいる人がそのままお店に入ったりします。アメリカでは裸足禁止のお店がほとんどだからビックリしました!
†2009/03/31 13:00 †
| ASATツアー2009 | コメント(-) | トラックバック(-) |
3月30日Lauraから
案の定、全員が落ち着いています。

こうき君のホームステイお母さんに今朝会いました。バデイととてもうまくいっています。こうき君はレーシングカーが好きだと知っていますので、PS2(?)の車のゲームを用意しました。2人で遊ぶ時は、笑いが止まらないと言いました。こうき君に確認したところ、先週お弁当を開けた時に、自分のお母さんが作ってくれる弁当を思い出して、淋しくなって少し泣きましたが、それ以来まったくホームシックになっていません。食事の量が多い場合は、「食べずに残してもいい」をどう聞くか聞かれました。I'm full. Can I leave the rest?(おなかがいっぱいです。残りを残してもいいですか?)と教えました。スクールバデイともうまくいっていると言いました。今日の授業は、社会です。言葉が多くて、専門用語もありますので、子供たちにとって難しい科目です。体育、音楽、図工、数学、理科などは大体ついて行けますが、社会と国語の場合は、何の科目ですらわからないことが多いです。

かいと君は歯が抜けました。ちゃんと取ってあると言いました。ホームステイは楽しんでいます。悩みはないか聞いたら、下の男の子によくチュされるので気持ち悪くて、やめてほしいと言いましたが、それは贅沢な悩みで我慢して!と答えました。:−)かいと君のスクールタイムテーブルをまだもらっていませんので、今の授業がわかりません。すみません。

いずみちゃんは、ホームステイの一番下の男の子(2歳)はノリが好きで(???)、いずみちゃんのまくらに塗ったそうです。嫌がっていなくて、笑っていました。顔の表情がよくて、オーストラリアを楽しんでいると思いますが、あまり話しません(日本語も英語も)。ホームステイマザーがテキパキして、ちょっとドライな性格で、いずみちゃんが指差しなどをする時に言葉で言って!という様になりましたので、最近はホームステイでちょっと話しています。最初はこのお母さんはどうかなと思いましたが、いいと思います。また使うつもりです。今日の授業は社会です。

あやかちゃんは金曜日学校で遊んでいる時にスクールバデイとぶつかって転んだそうです。左側のひじに擦り傷をつけました。血は出ていましたし、まだちょっと痛いそうですが、大丈夫だと言いました。大きな絆創膏を貼ってもらいましたが、ガーゼは傷のないところに、ガムテープは傷の上に貼っていますので、取る時は痛いと思います。今日の授業は図工です。

かほちゃんは、ホームステイはどうか聞いたら、外食が少ないと残念そうに言いました。でも、バデイと遊ぶのを楽しんでいます。たくさん食べています。かほちゃんのことをもっとたくさん書きたいですが、特にありません。すべてうまくいっています。さすが3回目のツアーです。余裕を持っていますし、初日から思いっきり遊んでいます。英語もたくさん使っていると思います。今日の授業はQuiet Reading(静かな声で好きな本を読む授業?)と Visual Arts(??私の’時代’になかった科目。。。)。

なりみちゃんは、ちょっと変わったホームステイで泊っています。お母さんとお父さんがいて、正直ってお母さんはちょっとラフな感じです(お父さんには会っていません)。子ども4人で、上の2人と下の2人の年齢の差は大きいです。下の2人は養子です。上のお姉ちゃん(ホームステイバデイ)は睡眠発作をもっていて、急に眠ってしまいます(映画のムランルージュにも睡眠発作を持っているアルジェンチン人がいます)。お兄ちゃんはと・て・も陽気で、はっきりって変わり者です。でも、とても優しいお兄ちゃん(お姉ちゃんも)で、ちょっとシャイななりみちゃんにはいい環境だなと思いました。お兄ちゃんはよく踊るそうです。そして、日曜日はホームステイのお姉ちゃんの友達の家に行って、みんなでプールで泳いでいる時に、お兄ちゃんはずっと一人でシンクロをしていたそうです!ハハ!今日の授業は数学です。

けいとちゃんはうれしいことにホームステイに慣れたようです。今日の表情はよくて、自らホームステイを変えたくないと言いました。ホームステイバデイはかなり年下の7歳(それがホームステイを嫌がっていた理由)で、かわいい子です。マイクを持って、よく歌いますが、英語でもない、シュリランカ後でもないとけいとちゃんが言いました。お父さんとお母さんはスリランカ人ですが、オーストラリアに長く住んでいるか、とても英語が上手です。私が普通に話しているのに、コミュニケーションミスは一回もありません。子供たちはオーストラリア生まれのオーストラリア人です。オーストラリアは160ヶ国以上の国籍を持っている人の国です。私みたいなWASP(White Anglo Saxon Protestantー白人、イギリス系、プロテスタント宗教)の人は人口のわずかしか占めません。道を歩いたら、いろいろな言葉が聞こえます。けいとちゃんは、白人じゃないからちょっとがっかりしていましたが、これはオーストラリアの文化だと説明しました。けいとちゃんの爪は水色に塗ってありますが、塗り方はあまり上手ではありません。ホームステイの妹が塗ってくれたと笑いながら教えてくれました。お兄ちゃんは静か(年頃の男の子)ですが、英語の勉強を手伝ってあげると言ってくれました。今日の授業は数学です。

さつきちゃんは、私のアドバイスを聞いて、きのう頑張ったと言いました。リゾートを出た時にお母さんが荷物をたくさん持っていましたので、Can i help you?と聞きましたが、いいですと言われました。でも、大変そうなので、やはり手伝ってあげたいと思いましたが、また同じ質問をするのはしつこくなるし、別な言い方はしらないので、そこでしぐさを使いました。お母さんはそれを見て、さつきちゃんに荷物を少し渡しました。さつきちゃんは、文章で言いたい気持ちが強いです。大変いいことですが、どう言えばいいわからない時に黙ってしまうことがよくないのです。コミュニケーションの妨げになるので、しぐさでも単語でも使ってみるようにアドバイスをしたら、すぐ使ってみました。さすがさつきちゃん!(自分にとってしぐさは苦手だと言いましたが。。。笑!)。ホームステイの状況はどうか聞いたら、お兄ちゃんとどう接せばいいかまだ悩むし、兄弟喧嘩がとても気になりますが、前よりもよくなったと言いました。さつきちゃんは、弟さんと喧嘩をあまりしないそうです。うちの娘たちと交代したい!!!もう少しかかるかもしれませんので、様子を見たいと思いますが、少し変化が見られましたので、安心です。スクールバデイはフレンドリーで、好きみたいです。今日の授業はテクノロジー(???)です。

子供たちはあまり食べていないと何人かの保護者の方から聞きましたので、今朝ショッピングセンターに行く前にボードにYou must eat!!!(食べなければなりません)と書きました。食べているかどうかホームステイに確認するからねと脅しました。

ショッピングセンターでのアクティビティーはうまくいきました。全員英語を使って、商品のおいている場所を聞いたみたいです。4組で女子の3組が一緒に終わりました。男子の組はそれから10分かかりましたので、かほちゃんは「男の子だからあまり買い物上手じゃないかも」と言いました。かいと君に聞いたら、殺虫剤を店員さんが3の通路(??日本語がわからない)にあると教えてもらいましたが、本当は通路4でした。お兄ちゃんのウソつき!とかいと君が怒りました。

今あやかちゃんのホームステイから帰ってきたところです。豪邸ではありませんし、狭い方だと思いますが、家族全員はとてもいい人ばかりです。ホームステイの子供3人共バイオリンを習っていますし、お父さんもダブルベースが弾けます。「まじめな楽器ですね。どうして習ったんですか?」と聞いたら、高校で習ったと答えました。その高校は、父が働いていた学校です。音楽部の部長で、ホームステイファーザーがなんと父の教え子です!年齢も私と1歳しか違いありませんので、共通の友達がたくさんいます〜私が高校3年生の時に付き合っていた人も(誠に内緒ね!ハハ!)。また、お母さんが近くの病院の看護師で、その病院で私の同級生が働いていて、よく知っているそうです。ブリズベーンってこんな町です!
†2009/03/31 12:36 †
| ASATツアー2009 | コメント(-) | トラックバック(-) |
3月30日
今日は雨でちょっと涼しくなりました。それでも今日の最高温度は20度になります。霧ざめのような雨ですが、木曜日まだ続くらしいです。:−(
Laura

写真からみんなの楽しそうな様子が伝わってきますね。家族と一緒の観光旅行ではできない体験ですよね。Kaho母

やっと元気が出てきたようで安心しました。ありがとうございました。やはり、テレビゲームは世界中の共通言語なんですね。とにかく、元気で楽しんでくれればと思っています。沢山のお土産話を待っています。 Koki父

私も全員が落ち着いて、安心しました。こうき君は、金曜日に泣いたからまだホームシックかと思いましたが、週末は何度もなかったみたいです。きのう放課後に30分くらい話したら、ツアーを楽しんでいることがわかりました。
Laura
†2009/03/31 12:28 †
| ASATツアー2009 | コメント(-) | トラックバック(-) |
前ページ | ホーム| 次ページ